寮教育

のぞみ寮について

敬和学園を支える大きな柱

 あなたも寮生活をしながら、敬和学園で学んでみませんか?
 敬和学園は全国区の学校で寮があります。名前をのぞみ寮といいます。のぞみ寮には光風館と大望館(男子)、めぐみ館とみぎわ館(女子)4つの建物があります。ここに1年生から3年生まで、男女合わせて約170名が生活しています。敬和生の約3分の1が寮生です。のぞみ寮は敬和学園を支える大きな柱です。

のぞみ寮 寮長 信田 智

04_02-1■のぞみ寮は出会いの場です。

 のぞみ寮はアパートでもなく、下宿でもありません。人間教育の場です。人間教育は出会いから始まります。寮生は全国各地から集まってきます。いろいろな人がいます。当然戸惑いとぶつかり合いが起こります。しかし、それを通して本当の友と出会えるのです。

■のぞみ寮は神様を礼拝することを大切にしています。

 本当に畏れ敬うべき方を、畏れ敬う心を養うことにより、人の目を恐れることから開放されます。そして、目に見えない神様に心を向けていくと、どんな時にも私と一緒にいて、私を力づけて下さる神と出会うことが出来るのです。

■のぞみ寮は自分を大切にすることを学びます。

 共同生活の中で、自分のいい面も悪い面も、裸の自分が出てしまいます。在りのままの自分に出会い、その自分を大切にするところから、新しい自分探しが始まるのです。良い出会いを経験して下さい。

04_02-3■のぞみ寮で「生きる力」が身についてきます。

 「ルールを守る。」 ルールはお互いが安心して、気持よく生活できるための手段です。
 「自分のことは自分で。」
家にいたなら、親がしてくれた事も全部自分でしなければなりません。「自分の心をコントロールし、人を思いやる。」 自分がされて嫌なことは、人にもしない。人からして欲しいと思う事は、人にもする。人から受けた優しい一言が、どれだけ私たちの心を慰め、力づけてくれる事でしょう。その経験をもっている人は、人にも優しくなれます。
 「自分の義務と責任を誠実に果たし、人を思いやる。」
その事を通して、人間として「生きる力」が身についてくるのです。あなたも寮生になって、「生きる力」を身に付けて下さい。

04_02-4■寮生活はしたいけど、不安だから・・と考えている人。

 寮に入りたいと思うけれど、友達関係がうまく出来ないだろうか、と不安を感じている人がいることでしょう。寮生活を始める前の不安は今のぞみ寮にいる寮生も同じでした。けれど不安は必ず安心に変わっていきます。今日の恐れを明日の楽しさに変えてくれる先生、先輩、仲間がいます。だから心配はいりません。
 敬和学園のぞみ寮で、充実した高校生活を送ってみませんか。お待ちしています。