学園生活

クラブ紹介/体育系

スポーツや芸術に個性あふれるクラブ活動

 敬和学園では、クラブ活動も活発に行われています。日々の各クラブや同好会の活躍の様子は、クラブ活動トピックスに随時掲載しています。こちらもぜひ、ご覧ください。

 

arche_pアーチェリー部

 アーチェリーは全国的に高校生から始める人の多い競技です。一見のんびりしたスポーツのように見えますが、1試合にかかる時間は5時間 ~ 6時間、全神経を集中して射った後、70m先の的までダッシュ 得点をチェックし、シューティングラインまで再びダッシュ!!
 
おそらく、あらゆる競技の中でも集中力はもちろん、頭脳と体力、気力を使う、きわめて体育会系のスポーツです。
 敬和学園高等学校 アーチェリー部は、今年も全国高校総体(インターハイ)・全国高校選抜大会に新潟県代表として出場することを目標に毎日の練習に励んでいます。

■部員:14名
■部長:平 碧仁
■顧問:菅原 只行
■副顧問:中山 文智、高山 唯
■外部コーチ:平 雅仁 、 小林 舞

soccor_pサッカー部

 「No pain no gain」をモットーに、県内強豪校を倒す「ジャイアントキリング」目指して、日々のトレーニングに励んでいます。今年度県ユースリーグは第3部(N3)で戦います。春夏冬の遠征や合宿、各種大会やフェスティバルに参加。B級ライセンスの監督は、2016年度県選抜監督も務めました。廣嶋コーチは元アルビシンガポール出身。ナイター完備のフルコートがとれるクレーグラウンド、部所有のバスなど周辺環境も充実。サッカーだけでなく、人間的にも成長できるよう、時間厳守、挨拶、感謝を大切にします。クラブチームや中体連など様々な出身のサッカー大好き人間たちの集まりです。

■部員:30名
■部長:渡辺 凱陽
■顧問:青木 宗(つかさ)
■副顧問:佐藤 健一郎、廣島 朋太、佐伯 海

judo_p柔道部

 柔道部は創立当初からの伝統ある部活です。現在3年生男子1名・女子2名、2年生男子6名、1年生女子1名の計10名で活動しています。高校から柔道を始めた生徒もおり、基本を大切にした練習を行っています。
 活動日は月~金曜の放課後と土曜の午前で、長期休暇は錬成会への参加や、合宿を行うこともあります。体育科の瀬倉先生は高校、大学と柔道に打ち込み、学生の頃は地域の道場で指導していたこともあるので、基本から応用まで発展させた指導をうけることができます。
 部活では、特に気配り礼儀やの大切さを重視しており、人間力を養う部活動を目指しています。体とともに,心も鍛えることができるのが敬和学園柔道部の魅力です。

■部員:10名
■部長:荒木 佑紀
■顧問:藤巻 伸
■副顧問:瀬倉 一葉

rugby_02_pラグビー部

 ラグビーといえば、体の大きな人がぶつかりあって、ごちゃごちゃしているだけ…そんなイメージがあるかもしれません。しかし実際は、体の大きい人も小さい人も、スピードのある人もテクニックのある人も、一人ひとりがそれぞれのポジションで力を発揮できるというのが、ラグビーのアイデンティティー。本校のラグビー部も、年度途中からの入部者を含め、各自が自分の長所をチームの勝利につなげられるよう、少人数ながら活動をしています。チーム状況は楽ではありませんが、主将の細貝が北信越ブロック15人制合同チーム大会メンバーに選ばれたことを全体の励みとし、単独チームでの公式戦出場を実現することが、現在の目標です。

■部員:16名(3年生6、2年生4、1年生3、マネージャー3)
■部長:細貝 真志
■顧問:和田 献太郎
■副顧問:藤巻 伸
■監督:山﨑 飛鳥

volley_m_p男子バレーボール部

 敬和学園バレーボール部は、個性的なメンバーが集まっています。自分の持てる力を精一杯発揮し、1球1球を大切に皆でボールを繋ぐプレーが出来るように心がけています。
 学年問わず仲が良く、部活動の時間はメリハリをつけて練習をしています。経験者は少なく初心者がほとんどです。人数は少ないですが、練習ではボールにたくさん触れます。
 高校生活の3年という限られた期間で、プレーも心もどれだけ成長できるのかを共に試してみませんか?皆さんも一緒にバレーボールを楽しみましょう!!

■部員:13名、マネージャー2名
■部長:星 駿矢
■顧問:大倉  雄介
■副顧問:西 雅文、鈴木 明香

volley_w_p女子バレーボール部

 女子バレーボール部は、部員は少ないですが、学年問わず仲がよく楽しい部活動です。バレーボールを楽しみたいと思っている人が集まっています。日々の練習では、互いに協力し合い個人の技術向上と、チーム力向上を目指して活動しています。
 大会での勝利も大切ですが、1番は楽しくバレーボールができることです。そのために、日々頑張っています。経験者、初心者でも、楽しんでバレーボールができます。みなさん、ぜひ敬和学園女子バレーボール部で、楽しく素敵な時間を過ごしましょう。

■部員:9名、マネージャー1名
■部長:本間 海愛
■顧問:大倉 雄介
■副顧問:鈴木 明香、西 雅文

tennis_m_p男子テニス部

 少人数ですが上級生中心に自主的に練習に励み、各種大会に出場しています。放課後の練習は主に校内のテニスコートで実施しています。定期的に筋力トレーニングを実施し、テニスの技術の向上はもとより体力の向上も目指しています。参加予定大会は春季下越地区大会、新潟県総合体育大会、新進大会、秋季下越地区大会です。

■部員:8名
■部長:渡辺 莉玖斗
■顧問:小松 英雄
■副顧問:大塚 和代

tennis_w_p女子テニス部

 新入部員4名(1年2人、2年2人)というフレッシュなチームです。フォア、バックなど基礎的な練習自体は非常に地味に見えますが、試合をイメージした実践的な練習を積み重ねています。練習中は一球一球集中し、技術向上のため、毎日打って打って打ちまくっています。現在は、秋の大会に出場することを目標とし、勝利を目指します。
 部員募集中です。経験者、初心者どちらでも歓迎です。1度コートに見学に来てください。待ってます。

■部員:6名
■部長:竹内 優理
■顧問:大塚 和代
■副顧問:立川 佳英

pingpong_p卓球部

 卓球は、スポーツの中で最も軽くて小さいボールを扱います。よって、ボールのスピード、回転等が強く、そのようなボールをいかにして返すか、いかにして返されないようにするか、戦術を立て、ゲームを組み立てる、とても頭を使うスポーツです。
 部員たちは、大会で少しでもよい結果が出せるようがんばっています。1つでも多く勝てるようになり、県大会に進むのが目標です。経験者はもちろん、初心者も大歓迎です!
 
2018年度のおもな戦績
 春季新潟地区大会 男子シングルス ベスト16(葛西) 県総体出場
 秋季新潟地区大会 男子シングルス ベスト32(荒井)


2019年度(5月現在)の戦績
 春季新潟地区大会 男子シングルス ベスト32(荒井) 県総体出場

■部員:10名
■部長:山宮 倖平
■顧問:浅妻 和章
■副顧問:立川 佳英、早見 将己

basket_m_p男子バスケットボール部

 男子バスケットボール部は「日々の練習と試合を通して、心と身体の両面を鍛え、人間的に成長する」ことを目的に活動しています。
 今年度は8名(選手7名・マネージャー1名)が入部しました。バスケットボール経験者も初心者も、選手もマネージャーも、スターティングメンバーも控えの選手も、部員全員がそれぞれの立場で、それぞれの力を発揮しながら、チームの目標であるリーグ優勝を目指します。

■部員:選手22名(選手17名・マネージャー5名)
■部長:原田 耀
■顧問:ナック・ダスティン
■副顧問:岩原 寅太郎
■外部コーチ:栗原 信介

basket_w_p女子バスケットボール部

 今年度、女子バスケットボール部には1年生3名が入部し、2年生3名、合計6名です。バスケの経験者も初心者もおりますが、共に切磋琢磨しながら人間的な成長を遂げる、それが敬和のバスケ部です。これから県総体やリーグ戦に向けて練習試合をしていきたいと思います。今年度の女バスは男バスに負けず劣らず熱くなりそうですので、応援をよろしくお願いします。
 在校生の皆さん、新入生の加入で部員数が若干増えましたが、3年生がまもなく引退を迎えますので、また減ってしまいます。全くの初心者でも構いません。丁寧に基本から指導しますので、ぜひ女バスに入部してください。マネージャーも大募集中です。

■部員:4名
■部長:南波 雅
■顧問:小黒 恵
■副顧問:小松 英雄
■副顧問:ナック・ダスティン

badmin_pバドミントン部

 新入部員を迎え、上達すべく日々トレーニングに励んでいます。全員初心者として入部した人たちですが、楽しく部活をしたいという人も、大会で勝利を目指す人も一緒に熱心に練習しています。瞬発力、持久力、頭脳、集中力、すべてを必要とする激しい、そして面白いスポーツです。そして夏であってもドアを開けられない(シャトルがほんの少しの風でも影響を受けてしまうため)、厳しいスポーツでもあります。

 大会ではシングルス・ダブルスの個人戦、団体戦も行われ、公式戦だけでなく市民大会なども積極的に参加をしています。月・水・金・土の活動時間に、体育館を覗いてみてください。

■部員:16名
■部長:宮村 輝
■顧問:齋藤 香
■副顧問:中野 眞由美

baseball_p野球部

 「野球を通じて、自分と仲間を信じること、自分の可能性に望みを持つこと、チームに愛情を持つことの大切さを学ぶ。」これを部の目標として、能力・性格・考え方・行動パターンが違う選手たちがお互いを尊重することを学びつつ、野球における心技体を向上させるよう頑張っているチームです。まだまだ発展途上ですが大きな飛躍があると、期待できるチームです。
 4月の北信越大会県予選は、惜しくも1回戦で敗れてしまいましたが、この敗戦で明白となった課題の克服を目指し、練習に励んでいます。

■部員:18名
■部長:竹部 直人
■顧問:堀越 俊継
■副顧問:真野 泉
■監督:長谷川 朗

rikujo_01_p陸上部

 今年度は、100・200メートルの単距離選手が5名、1500メートルの長距離選手が1名の計6名での活動をしています。
 陸上競技は、個人競技であるため、一人一人個性は強いですが、活動中は、仲間に声を掛けたり、お互いにストレッチをしたりと部員を気遣う事の出来る集団です。
 和気あいあいとした中にも、真っすぐ目指すものがあり、自分に対してストイックになれる部活です。

■部員:6名
■部長:村上 空
■顧問:榎本 かな
■副顧問:佐伯  海・シャベル エリック

yosakoi_pよさこい部

 こんにちは。よさこい部「祈愛」です。「祈り」に「愛」と書いて「きあい」と読みます。祈愛は9月の「にいがた総踊り」に向け、練習を重ね、その他のイベントにも積極的に取り組んでいます。
 ここ祈愛では「心躍れば皆同じ」をスタンスに、楽しく、笑顔で毎日部活動に取り組んでいます。最近は「集団で何かをつくり上げる」ということが少なくなっていく社会といわれています。よさこい部祈愛で、一緒につくり上げてみませんか?

■部員:15名
■部長:丸山 啓斗
■顧問:中山 希祐、與那城 初穂
■副顧問:小林 渚