労作日記

労作日記

2024/07/02

労作日記(2024.7.1) 【3年大雪クラス】

7/1(月)大雪クラスの労作です。

 

「剣を打ち直して鋤とし、槍を打ち直して鎌とする」

本校のチャペル前の掲示板に、今掲げられている聖句です。

ということで、今日はいつもの草取りではなく、鎌を持ちだしてみました。

普段あまり手入れをされていない、労作畑小屋近辺の草刈りを行うことにしました。

が、畑に行ってみるとピーマンとミニトマトがここ数日と適度な降雨と晴天で、成長が著しく進んだことで、自重で倒れかけていました。そのため、数名の生徒は荒木先生の指導のもと、支柱建て・誘引の作業を行いました。

 普段とは少し違う作業に生徒もどこか生き生きして見えます。またミニトマト、ピーマン共に収穫どきを迎えているものもあり、生徒の皆に収穫を依頼しました。

草刈りに没頭していると、

「ミニトマト大好きなんで、もぎたてを食べてみてもいいですか?」

と質問にきた女子生徒がいました。もぎたてを食べる。なんとも贅沢です。それができるのも労作ならでは。無農薬で育てたものですので、ちょっとの水洗いで食べられます。

食べてみてもいいよ、と伝えると足早に畝に向かっていきました。

・・・・・

・・・・

・・・!?

食べてみてもいい、とは言いましたが、どうやら食い尽くさんばかりという勢いでもぎはじめたため、周囲の生徒に止められていたようです。

生徒のみなさんの隠れた、むしろ隠しきれていない素性があふれ出てくるのも自然に触れているからこそなのかもしれません。

 

0701_ro00 0701_ro01 0701_ro02 0701_ro03 0701_ro04 0701_ro05 0701_ro06 0701_ro08 0701_ro19 0701_ro10 0701_ro11 0701_ro12 0701_ro13 0701_ro14 0701_ro15 0701_ro16 0701_ro17 0701_ro18