毎日の礼拝

毎日のお話

2024/06/05

村田 茜(外国語科)

【聖書:マタイによる福音書 7章 13-14節】

「狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。それを見いだす者は少ない。」

 

 大学時代、指導をしてくれた先生が亡くなった。世界中の教え子たちから、音楽の道へ進む決断を自分にさせてくれたことへの感謝の気持ちが多く寄せられている。彼らの多くが今の自分の姿を誇りに思い、彼に感謝をしているのは「正しい選択」をしたからではなく、選択が、決断が正解になるように彼らが行動してきたからである。

 私たち人間は、リハーサルのないぶっつけ本番を生かされ、間違えてしまう、しかし神さまはそんな私たちをよしとしてくださる。だからこそ、私たちが大切にすべきなのは選んだ道を自分で正解だと思って生きていくこと、自分で正解にしていくことなのだと思う。

 迷った末の自分の決断がよかった、これを選んでよかった、そう思えるフェスティバルになりますように。