のぞみ寮通信

みぎわ館

2022/05/06

みぎわ通信(11号)「寮祭リハーサル」

聖句

「しかし、あなたがたは敵を愛しなさい。人に善いことをし、何も当てにしないで貸しなさい。そうすれば、たくさんの報いがあり、いと高き方の子となる。いと高き方は、恩を知らない者にも悪人にも、情け深いからである。」

(ルカによる福音書6章35節)

(生徒が「礼拝のお話」で選んだ聖句を掲載しています。聖書に触れ、生きる支えとなる御言葉に出会えますようにと祈ります。)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

寮祭①~リハーサル編~

migiwa011_01 migiwa011_02 migiwa011_03 migiwa011_04

寮祭デビューに向けて、和やかに、楽しく、練習する1年生の姿は愛おしいです。

migiwa011_05 migiwa011_06 migiwa011_07 migiwa011_08

↑寮祭リハーサル!!エネルギッシュな1年生!!

合言葉は、「観てくださる方へ楽しさが届きますように!」

migiwa011_09 migiwa011_10 migiwa011_11 migiwa011_12

1年生一人ひとりがキラキラと輝くようにと、2年生が企画。5人が心を合わせて、脚本、演出、そして出演も……。2年生のチーム力も高められていることを実感します。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

「もっともっと知りたい」 3年生 Iさん 

 一年生のみなさん。寮生活はいかがでしょうか?学校は楽しめているでしょうか?少し慣れてきたのと同時に、帰りたいと思うことも増えてきたのではないでしょうか。

 私は入寮したその日からホームシックにより涙が止まらない一ヶ月だったので、今一年生がのんびりと過ごしてくれていてすごくうれしいです。

 これから誰かのことを嫌いになったり、ケンカをしたり、傷ついたり、もちろんあると思います。寮を辞めたいとか、家に帰るまでの日数を数えることもあると思います。ですが、今私は、「あともう1年みぎわ館にいたい!」と心から思っているのです。いつの間にか、みんなに嫌われたらどうしようとか、一人になったらどうしようなんて考えなくなったし、みぎわ館での53、54、55の出会いに感謝しています。みぎわ館が私の支えになっています。だから、今寮に少し疲れた人、これからが不安な人、大丈夫です。私のように思える日が来ます。だるいとは思わず、いろんな人に興味を持ってたくさん話かけてほしいです。私はもっと、もっとみなさんのことを知りたいです。

 今週1週間を乗り切って、楽しいゴールデンウイークにしましょう。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

受け継がれていく……。

 みぎわ館の登校前は、当番の朝放送があります。“その日の天候、行事、メッセージ”等を伝えるのですが、ここ数日素敵な音楽も添えられて朝放送が行われていました。聞けば、3年生からの1年生へのプレゼントなのだとか……。2年前、自分たちが休校期間を経て入寮した時、当時の3年生が、サプライズで毎日、一人ひとりが好きな音楽を流してくれたことがとてもうれしかったことが忘れられず、自分たちもその3年生になったら、1年生へプレゼントしたいとずっと温めていた企画だったのです。“自分たちがしてもらってうれしかったことを、同じようにしたい”。3年生の温かい気持ちに私もほっこりとしたうれしい朝の会話でした。また、さりげなくふるまう姿勢にも頭が下がりました。

 やさしさが受け継がれていること、見えなくてもつながっている“みぎわ愛”を熱く感じた朝となりました。(小菅)