のぞみ寮通信

みぎわ館

2022/04/19

みぎわ通信(4号)「桜日和①~夜桜礼拝~」

聖句

過去のあなたは小さなものでしたが

未来のあなたは非常に大きくなるであろう。

(ヨブ記 8章7節)

 

桜日和①~夜桜礼拝~

migiwa004_01 migiwa004_02 migiwa004_03 migiwa004_04 migiwa004_05 migiwa004_06 migiwa004_07 migiwa004_08

 「満開の桜の下で、礼拝を行いまよう!」と礼拝委員のHさん、Yさんが企画してくれました。男子寮の山﨑先生も車のライトでライトアップし、協力してくださりました。一人ひとりの心に刻まれた特別な礼拝の時間でした。祈り合える恵みに感謝の気持ちでいっぱいです。 

 大切な仲間と一緒だからこそ、「特別」に感じることができることを、みぎわっ子たちから教えられます。

 みぎわっ子たちからの、アイディアを存分に活かし、実現できるよう私も心を込めてサポートしていきたいと思いを強めています。

 仲間たちとたくさんの「特別」を味わい、実感しながら歩んでほしいと祈ります。(小菅)

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

礼拝のお話

「走り切る!」3年 Rさん

 私が敬和ライフで最も大切にしている言葉は、「1%の可能性を100%信じる」ですが、この言葉と同じくらい大切にしているというか、皆さんにも大切にしてほしい言葉があります。

 2つの言葉を紹介させてください。1つ目は、私が大好きな曲からです。「ゆっくり、マイペースでもいい。全力疾走でもいいさ。負けるな。諦めるな。走り切れ」です。2つ目は、春休みに観たドラマからです。「壁に当たったら、壁を乗り越えようとするのではなく、引き返して、別の道を探せばいい。目的は、がんばることではなく、壁の向こうにあるどうしても行きたい場所に行くこと」です。

 1つ目の言葉からは、一人ひとりのペースがあることをあらためて気づかされました。誰かが、これだけやっているから、自分も急いでやらなくてはと焦るより、1回落ち着いて、自分のペースを探してみることが大切なのだと思います。そして、諦めないこと。私は、自分に自信がなさすぎて、すぐ負けてしまいます。ですが「負けるな。諦めるな。走り切れ」とあるように、強気で、走り切った方が人生楽しそうだなと思いました。2つ目の言葉から、引き返して、客観的に見ることの大切さ気づかされました。私は、今まで効率が悪くてもとりあえず、必死にしがみついてきました。ですが、引き返してみることで、新しい気づきや、自分にしか出せないアイディアがあるかもしれないと思えるようになってきました。

 今、寮、学校、部活、行事などたくさんやらなくてはいけないことがあって、がんばっている人が多くいます。ですが、ゆっくりマイペースでも、全力疾走でも、自分のペースで負けずに走り切ってほしいです。壁に当たったら、無理してその壁乗り越えようとするのではなく、1度引き返して、壁の先にあるどうしても行きたいところへたどり着く方法を自分なりに考えてみてください。私もがんばるので、みぎわ一丸となって、2022年度を走り切りましょう!! (満開の桜の下での夜桜礼拝)

migiwa004_09 migiwa004_11 migiwa004_10 migiwa004_12 migiwa004_13 migiwa004_14

自然豊かな敬和のキャンパスで見つけた敬和の春。(1年生のAさん撮影)みぎわ通信では、生徒の撮影した写真もどんどん掲載していきたいと思います。どうぞお楽しみに!!